サラ・ベルナールの世界展―ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに―
開催前
企画展 主催

サラ・ベルナールの世界展―ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに―

2018/11/23(金)〜2019/03/03(日) 09:30〜17:15
(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(休日の場合は開館)/ 休日の翌日(12月15日、1月15日、2月12日)/ 年末年始(12月29日~1月4日)/展示点検休館日(1月8日、9日)

 

19世紀末から20世紀初頭にかけて、演劇・芸術・ファッションで人々を魅了していた大女優サラ・ベルナール(1840/1844-1923)。彼女は、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が一躍パリで売れっ子のデザイナーになるきっかけとなった人物です。サラはイメージ戦略の重要性に気づき、ポスターや写真などを積極的に利用して、自身のプロモーションに役立てました。また興行主としても活躍し、世界各国で公演を行って国際的な名声を博しました。亡くなった時は国民葬とも言えるような大規模な葬儀が行われたこの偉大な女優は当時の芸術界にも影響を与え、ルネ・ラリック(1860-1945)やアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1844-1901)もサラに関わる作品を残しています。またサラは、自ら執筆や彫刻を行うアーティストとしての才能を発揮しました。本展はサラ・ベルナールを大々的に紹介する日本初の巡回展です。サラ・ベルナールの芸術と栄光、その社会的影響を、写真、肖像画、ポスター、そして、ミュシャ、ラリック、ロートレックなど同時代の作品を通じて再発見し、その足跡をたどります。

会場

堺 アルフォンス・ミュシャ館

住所: 〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200
ベルマージュ堺弐番館2F~4F

最寄駅: JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分
南海バス:阪和堺市駅前

TEL: 072-222-5533

FAX: 072-222-6833

入場料

〇一般  個人:500円 団体:400円

〇高校生・大学生  個人:300円 団体:240円

〇小学生・中学生  個人:100円 団体:80円

*小学生未満、障がい者手帳をお持ちの方と介助者、堺市にお住まいの65歳以上の方は無料

主催

公益財団法人 堺市文化振興財団 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

読売新聞社

美術館連絡協議会

お問合せ

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

〒590-0014 大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館

TEL:072-222-5533

FAX:072-222-6833

 

第一章では、サラ・ベルナールに関する写真や肖像画、身の回りの品々を中心にご紹介します。自身の姿を入念にプロデュースしたサラのプライベートから舞台まで、様々な衣装に着飾った姿の写真や、彼女を取り巻く人々の写真もご紹介します。またアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックをはじめ、同時代の様々な画家たちによって描かれたサラの肖像画や彼女が使用した豪華な身の回りの品々、サラのドレスをデザインしたジャック・ドゥーセによるイブニングドレスをご鑑賞ください。

第二章では、サラ・ベルナール出演の演劇に関わる作品をご紹介します。本展の主要作品で演劇『遠国の姫君』で使用され、アルフォンス・ミュシャとルネ・ラリックが共同で制作したユリの冠、またミュシャがデザインした《蛇のブレスレットと指輪》などのアクセサリーをはじめ、ポスター、写真、プログラムなど多彩な作品をご覧いただきます。

第三章では、サラ・ベルナールと深い関わりのある芸術家の作品、またサラの様々な側面を伺える作品をご紹介します。サラに才能を買われ、その後様々な工芸品を生みだし続けたラリック制作のアクセサリーや工芸品、ミュシャの作品やロートレックの代表的ポスター《ディヴァン・ジャポネ》などをご覧ください。またサラ自身が創作者として活躍したことを伺わせる作品や、当時の芸術家など多くの人々に彼女が影響を与えたことが分かる資料も展示します。